口コミで人気の二重術はこれ!自分に合った手術法をセレクト

レディー

埋没法を長持ちさせる

眼

人気の施術法

プチ整形といわれるような、費用も安く手術時間も短い手術が最近は増加してきています。二重の手術では埋没法がその代表格といえるでしょう。口コミでも大変話題となっており、施術実績数としてはとても多いものだといわれています。その埋没法ですが、口コミでは長い間もたないと噂されているのです。埋没法は、糸でまぶたをつなぎとめる手術ですが、留める箇所は糸で2~3箇所なので、加齢の症状やまぶたの特徴によっては糸が切れてしまい二重が元に戻ってしまうことがあるのです。このことはカウンセリングでも言及されるので、手術を受ける人は皆知っていることでしょう。しかし切開法よりも気軽に行なうことができるので、やはり受けたいという人は多いです。ではできるだけ長持ちさせた方がよいといえます。お金もかかるので、消費者の要望としては当然であるといえます。

自分に合ったまぶたにする

埋没法を長くもたせるためのコツが、口コミサイトなどでは言及されているので参考にしましょう。それは、自分のまぶたに合った二重手術を行なうということです。埋没法では末広型と平行型の二重にすることができます。口コミでは、末広型の方が長くもちやすいといわれています。それは、日本人のまぶたの形に合っているからなのです。日本人のまぶたには蒙古ひだといわれるものが存在します。まぶたの鼻側、涙腺がある側に存在する蒙古ひだは、眼球に覆いかぶさっている形をしています。綺麗な二重をしている人で蒙古ひだが厚い人がいますが、こういった人は目頭から目尻にかけて線が広がる形の二重になっています。まぶたに負担をほとんどかけることがないので、埋没法も長くもつでしょう。平行型でも手術の方法によっては、長くもたせることができると口コミでは評判です。できればまぶたの厚みが薄い人が合っている施術で、目を閉じたときの蒙古ひだの上を確認し、その上に施術を行なっていきます。